クレンジングの感触を比較してみました

subpage01

「クレンジングどれを選べばいいかわからない」という方のためにタイプ別に比較しました。
オイルタイプは液体状で伸びがよく、濃いメイクもするっと落ちます。

クレンジングだけでなく毛穴の角栓ケアとして使っている方も多く、最近ではメイクや皮脂のみならず大気汚染物質までも落とすと謳っているクレンジングオイルも販売されています。しかし落とす力の強さから乾燥肌・敏感肌を助長しかねないので、普通肌・オイリー肌の方におすすめです。


ジェルタイプは液体よりも少しぽってりとした感触なので手から垂れる心配がありません。
メーカーによってジェルのかたさやパッケージの形状が違いますが、どれも基本的にはメイクと馴染ませるごとにふっと感触が軽くなるのが特徴です。水に強く、お風呂で使えるものが多いので面倒な手間が省けます。

クレンジングの比較について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

比較的どんな肌質の方にもおすすめです。


ミルクタイプは乳液状で伸びがよく、何よりも使い終えた後のしっとり感が特徴です。

洗浄成分に加え美容液成分が配合されているものが多く、メイクはしっかりと落としつつも皮脂を落としすぎないので、乾燥肌・敏感肌の方におすすめです。

クリームタイプはメイクを落としながらマッサージもできるという一石二鳥のタイプです。アンチエイジング効果を求めている方にはおすすめしますが、敏感肌の方は軽いマッサージでも刺激になるのでやめたほうがいいでしょう。
バームタイプは容器に入っているときはかたいラード状なのに肌に乗せるととろけるという感触の変化が特徴です。



溶けてからの感触はオイル状に近いですが、洗い上がりはしっとり感もあるので、比較的どんな肌質の方にもおすすめです。



メイクを落とす力の強さでいえば、オイル>ジェル・バーム>ミルク・クリーム、しっとり感・肌への優しさでいえば、ミルク・クリーム>ジェル・バーム>オイルなので、自分の目的や肌質に合わせて選んでみましょう。