比較で分かる!自分に合うクレンジング

subpage01

クレンジングは、様々な種類がありますが、自分の肌に合った物を使えていますか?自分に合うテクスチャーを選ばないと、肌に悪影響を及ぼします。


それぞれ比較して、自分に合う物を見つけましょう。

クレンジングの比較の情報といえばココです。

一番メジャーなのは、クレンジングオイルです。メイク落ちはいいですが、ぬるつきが残りやすいので、その後洗顔するのが一般的です。


小鼻の角柱も溶けやすく、普通肌、脂性肌には向いています。


でも、皮脂まで洗い流してしまうので、乾燥肌にはおすすめ出来ません。乾燥肌に向いていると言われるのはクレンジングミルクです。



オイルと比較するとメイク落ちは弱いので、濃いアイメイク等はリムーバーが必須ですが、優しく撫でながら洗うと、潤いを逃さずに済みます。



時短で人気なのはクレンジングコットンです。帰宅後すぐにメイクを落として、とりあえずソファに座りたい程疲れている時、日帰り温泉でメイクを落とす時等、手軽さと携帯しやすさが特徴です。
ただ、どうしても摩擦が起きやすい為、使う時は、肌を傷つけないように、メイクを染み込ませるように使います。最後に、比較したいのはクレンジングクリーム。
少し硬めのテクスチャーなので、しっかりメイクと馴染ませる必要がありますが、その分メイク落ちも良いです。拭き取って使える物も多いですが、ぬるつきが残る為洗顔するのが一般的です。


季節の変化や体調によって、肌はトラブルを起こしやすいので、健康な肌を保つ為にも、自分に合ったテクスチャーの物で、メイクをしっかり落とし、肌に休息を与えましょう。