クレンジングの比較について

subpage01

クレンジングには、オイル・ジェル・ウォーター・ふき取りタイプシート・ふき取りクリームなどがありますが、比較するというより肌質や使うのがどういう時かで使い分けるのが賢明。
乾燥肌の人は、オイルタイプはおススメしないといった文言を見たことがありますが、拒否するほど悪いわけでもないです。オイルタイプの利点は、毛穴の奥まで汚れが落ちる。毛穴の塊がゴロっと取れます。


ジェルやウオータータイプには無い良さがあります。


ジェルは、ドラッグストアで格安で購入できます。

クレンジングの比較の最新情報が知りたい方にはこちらです。

化粧が落ちた感は少し薄いかもしれませんが、洗顔後は突っ張り感は少ないです。ウォータータイプはこの2種類の中間にあるような使用感です。


手に取ってから顔の上でクルクルして、洗い流すのはどれも同じですが、ウォーターというだけあって水で流すと、よく流れ落ちたと(顔にクレンジングが残っている感が無い)いう感じは一番します。

ふき取りタイプのシートですが、昔の商品と比較すると格段に化粧落とし感は良くなってきていますが、一番すっきり感が少ないです。



物足りなくて、1度に2〜3枚使う事もしばしば。


これは致しかねません。



利点で言えば、旅行中や洗顔の時間が無いときには便利です。

常に使うわけではないですが、非常用・震災時などを考えても常備しておいたほうが良いです。
ただ、長期間放置しておくと、しっかり封をしていても中の水分が蒸発しがちなのでカラカラになった時は少し水道の水を足しておくとまた甦ります。
無料で、お試しサイズを配布している商品もあるので上手く利用して、自分にあったクレンジングを徹底的に比較するべきですね。